山下さとしの活動報告

広島県議会議員 山下さとしが日々の活動をご報告します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

特別号(福島視察)

Ο福島は・・・。
※あの未曾有の大震災から5ヶ月がたち、復旧も進みつつある福島へ「消防協会へ義援金を届けたい」という同期の高木県議の呼びかけで高木県議の消防学校の知り合いで現郡山の消防団長をされている鈴木さんにセットしていただき、郡山市、福島市、いわき市を視察出来る事となりました。

Ο1日目
  広島空港→羽田空港→東京駅→郡山

IMG_2854_convert_20110829151504.jpg
※東北新幹線で行くのは初めてです。東北新幹線は2階建て新幹線で途中で切り離しがあり2つの新幹線が連結して走っています。(多分)

IMG_2858_convert_20110829151530.jpg
IMG_2861_convert_20110829151600.jpg
※乗る飛行機(東京まで)と新幹線の発車時間は教えていただいたのですが切符はそれぞれが手配。大人の視察です。福島県へ訪問させていただいたのは児玉県議、高木県議、井原県議、宮崎県議と私山下です。

132137.jpg
※参考にしてください。

Οビッグパレットふくしまへ
※知事も訪問されたということですがビッグパレットは8月末で閉鎖となりました。

PICT0522_convert_20110829151639.jpg
※郡山にある県のコンベンションセンターのビッグパレットです。震災が発生し、東京電力福島第2原発のある、富岡町とその隣の川内村から2,500人の方が避難されてこられた場所です。この時は施設内では約170人の方が避難されていました。

IMG_2863_convert_20110830164603.jpg
※郡山消防団団長の鈴木さんの計らいでビッグパレット館長の渡邉さん、富岡町の副町長の三瓶さん、川内村の総務課長さん、生活支援ボランティアセンターの古内統括責任者さんから被害地とここでの生活等についてお話をうかがえることになりました。

Ο初め避難者が2,500人こられた時はまさに戦場のように感じた。
Ο福島は原発の事故で、物資が届くのが遅れた。
Ο避難者も時間がたち落ち着いてくるとすることもなくストレスが溜まってくる。また通常の生活へのリハビリも かねて施設内で掃除や花植えなどのボランティア活動をすることにした。
などのお話がありました。
※一番印象に残ったお話は富岡町の副町長のお話で「これまで双葉郡(福島第1・第2原発が有る地域)は原発所依存で合併もせずに今日まで来た。今まで町は海(原発所)に向いて生活をして来たがこれからは山に向いて生活をしないといけない。復興だけでなく大きな転換をする必要があり大変である」というようなお話であった。原発を抱える地域のこれからの共通課題です。

IMG_2868_convert_20110829151901.jpg
※避難先の住宅の案内や各種相談のフロアー

IMG_2874_convert_20110829151928.jpg
※食料倉庫 1日3回食事を提供していたそうです。

IMG_2877_convert_20110829154159.jpg
※ダンボールで間仕切りした生活スペース。

PICT0530_convert_20110829154222.jpg
※ダンボールから少し進化してカーテンで間仕切りした生活スペース。

IMG_2878_convert_20110831154230.jpg
※この時点ではずいぶん避難者は少なくなっていたのですがまだ、このような状況でした。

IMG_2870_convert_20110831154523.jpg
※警察が常駐していました。

PICT0523_convert_20110829151713.jpg
※よくTVで見かける仮設住宅です。夏は暑い。次は冬の寒さ?


Ο夜は鈴木さん宅で福島牛の焼肉
※鈴木さんチームのゴルフコンペの打ち上げに合流。

IMG_2882_convert_20110829154307.jpg
※佐藤前福島知事も来られました。(私が秘書時代は参議院をされていましたので少し懐かしい)

PICT0537_convert_20110903175142.jpg
※右端が鈴木さん、立って挨拶をされているのが郡山市議、手前は宮崎さん。
郡山市議選もまだ行われていないと思いますので長い選挙選です。

Ο2日目 福島県消防協会へ(福島市)
※鈴木消防団長自らの運転で福島市へ

IMG_2894_convert_20110829154339.jpg
※高木県議の今回の目的のひとつであります義援金を福島県の消防協会へ

IMG_2896_convert_20110829154405.jpg
※消防団の震災当時の行動や活躍のお話と福島の現状についてをお話をお聞きしました。
Ο福島市では放射能問題で夏休みであるのに子供が表に出ない。子供のいない街になっている。(子供2000人が転居)私達はあまり気にしないのだが若い人は・・・・。「おじいちゃん、おばあちゃんは畑の野菜をどうぞ。私たちは北海道産の野菜を食べますから」と言われると話をされました。

IMG_2893_convert_20110829154639.jpg
※消防協会の前で

Οいわき市へ

IMG_2900_convert_20110829154710.jpg
※いわき市の消防本部でお話を聞かせてもらいました。
Οいわき市は風向きの関係で放射能の被害は大きくなく福島市ほどは意識していない。子供達も表で遊んでいる。
Ο市役所が地震による被害で対策本部が消防本部になった。etc

IMG_2917_convert_20110829154859.jpg
※いわき市の消防団副団長さんと消防本部の方に案内をいただきました。

IMG_2910_convert_20110905144701.jpg
※塩谷岬辺の津波被害を視察させていただきました。(塩谷岬の灯台が写真右奥)
建物の撤去等は公が、家の基礎については各自負担だそうです????

IMG_2912_convert_20110829154825.jpg
※拡大写真(左側が海)

IMG_2925_convert_20110905145231.jpg
防波堤が壊れています。

IMG_2923_convert_20110829154924.jpg
※実際に見ると胸が痛くなります。

IMG_2924_convert_20110830104747.jpg
※まだ、家の中はこのような状態です。

PICT0582_convert_20110830105105.jpg
※このガレキの山は小学校の校庭に有りました。

IMG_2929_convert_20110830104906.jpg
※本来はこの辺は海水浴場でこの時期は大変賑わうところですが、当然ですが誰もいません。

Ο本来2泊3日の予定でしたが、この場所の視察を終えて宮崎県議と私はその日の内に広島へ ※残りの3人はもう一泊。いい夜だったのかな?



Ο福島は地震の被害も大変ではありますが、やはり原発の問題です。原発といっても、放射能の汚染問題、風評被害、原発城下町のあり方等様々です。いわき市に行って少し驚いたことは視察等に来られる方があまりいないということでした。今回は消防関係での視察でしたから素晴らしい視察ができたのだとは思います。そして福島の方は良い人ばかりでした。本当にありがとうございました。

同じ放射能被害県として理解し合える部分や協力できる部分も沢山あると思います。頑張りましょう。
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://satoshiyamashita3514.blog111.fc2.com/tb.php/113-42b16b3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。